定年退職後の再雇用は非常に厳しい条件なのか、履歴書の書き方はどうすれば良いのかを検証してみた。

ネット活用マニュアル

今の日本では60歳で定年の会社がまだ多いですよね。しかし法律改正により65歳まで継続して雇用することが義務付けされました。


働く意思のある人65歳まで今いる会社で働くことが出来るのですが、現実には定年前の給料より大幅に下がり今までと同じ業務をさせられることもあります。
※65歳定年制を採用している企業はまだ少数です。

給料がダウンしたのに同じ仕事内容をすることに納得がいかず、定年を機に別の企業に再就職をしようと試みても結局給料面では、今の会社と同じか、さらに下がるのが現実です。

渋々今の会社に再雇用してもらう道を選ぶしかない。

確かに、給料面を見ると定年を境に厳しい現実が待ってます
※2割~5割ダウンが多いそうです。

しかし、安心してください大幅に下がった給料を補う方法もあります。

それは、年金の繰り上げ受け取りや高年齢雇用継続基本給付金などにより下がった分を全額まではいかないですが、少しでもカバーすることは可能です。

給与がどうせ下がるなら今の会社をオサラバして新天地で頑張るか!とお考えの方には
再就職用向け履歴書の書き方については、こちらのサイトで詳しく解説してますのでご参考にしてください。
シニアの方向け、履歴書の職歴欄書き方マニュアル!押さえるべき7つのルールとは?

再就職活動する際は、その道のプロの力を借りるのが一番です。

おススメの転職サイトです。
doda(デューダ)登録公式サイト

タイトルとURLをコピーしました