面接では何を聞けばよい服装は自己PRについてなどまるわかり

再就職マニュアル

面接について

応募書類の選考にも無事パスして、さていよいよ面接試験です。
いくら立派な業績を持ち、優秀な方でも自分を上手く表現出来ないと、なかなか採用には結びつきません。

誰でも面接では少なからず緊張します。しかし緊張に負けていては、いつまで経っても、自分を最大限にアピールすることが出来ません。

面接とは自分という商品を最大限アピールするプレゼンテーションの場と捉えてください。

プレゼンテーションをするにも事前の準備なしで、ぶっつけ本番でやってもまず上手くいきません。

面接も事前準備することによって、自信がつき心に余裕が出来て緊張も和らぎます。

そこで、面接を受ける前に心がけておきたいチェックポイントを紹介します。

1.面接前のチェックポイント

①事前に会社の内容をホームページなどを参考に再度チェックしておくと良いでしょう。

②経歴、志望動機、自己PRなどを事前に整理し、明確に回答できるよう準備しておきましょう。
・自分の長所・短所、前職の退職理由、これからの希望、特技や趣味なども答えられるようにしておきましょう。

③面接の時間は絶対に厳守です。
・指定された面接時間には余裕を持って行きましょう。
少なくとも30分前には会社の近くに着くようにし、少なくとも10分前には会社に着くようにしましょう。

・交通機関の影響で遅れる場合には、事前に会社に連絡し事情を説明し、了解を得ておきましょう。

④面接の際のスタイル、身だしなみ
・清潔感のある身だしなみが大切です。
・面接は第一印象で採否が決まるとも言われているため、相手に不快な印象を与えないように、面接にふさわしい服装、ゆとりのある表情で望みましょう。

2.面接での注意点、チェックポイント

面接は、会社に入り、受付に訪問の目的を伝えた時から始まります。
人事担当者は、「応募者がどのような経験や能力を備えているのか」「入社して会社に貢献出来るか、トラブルを起こさないか」などを判断します。

チェックポイント

①第一印象が重要です。
面接では、最初の3分で「人柄」や「勤労意欲」が判断されます。

②リラックスしましょう。

③笑顔と姿勢に注意しましょう。
面接官に対し、堂々とした態度と誠実さを示しましょう。

④退職理由は明確に前向きに答えられるようにしておきましょう。
前の会社の批判は厳禁です。

⑤自己PRや長所などは、嘘でない範囲で積極的にアピールしましょう。

⑥話し過ぎないように注意しましょう。
面接官が聞いてもいないことをべらべらと喋るのはマイナスです。

⑦何か質問はありますか?と聞かれたら「何もありません」とは決して答えず積極的に質問をしましょう。

⑧面接が終了したら、きちんとお礼の言葉を述べ、面接結果の連絡方法等を確認し、最後に「ぜひともよろしくお願いいたします」と意欲を示しましょう。

⑨面接の場では、その会社の雰囲気や活気の有無などもよく観察しておくと良いでしょう。

3.面接でよく聞かれること

実際の面接でよく聞かれることをまとめてみました。ワードのファイルで保存して置きますので、参考にして下さい。

工事中(A4版)


※転職活動に関するノウハウを今後も充実してまいりますのでご期待くださいませ。


面接について>転職・退職・定年・完全マニュアル




※文中の一部はハローワークの冊子を参照しておりま

タイトルとURLをコピーしました