在職老齢年金65歳以上結局現状維持の月47万円。見直し断念。

よくわかる年金入門

65歳以上の年金減額見直しを政府は断念しました

厚生労働省がさんざん検討していた、一定の収入が有る高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度を結局現行の制度のまま、月47万円を維持することにしたそうです。
※結局思い切った制度改革が出来ない、決断力の乏しい烏合の衆による検討会でした。

60歳から64歳については、現行の月28万円から65歳以上と同額の月47万円にする予定だそうです。
※これも決定じゃないので、どうなるかわかりませんけどね。

もともと、制度の廃止を含めて高齢者が働く期間を延ばす為の検討が、やれ追加給付が財源を圧迫するとか、高額所得者優遇になるとか、本当に高齢者の勤労意欲に効果があるのかなど、政府が反対をしたため、厚労省が押し切られた。

だったら、政府は一億総活躍社会など現実離れした、戦時中の一億総玉砕を想起させるようなスローガンを安易に使わないでもらいたい。

タイトルとURLをコピーしました