年金の最新情報や気になる受給額についても情報提供します

最新の年金制度をなるべく早く配信します。
日本の年金制度(にほんのねんきんせいど)は、基礎年金制度である国民年金、および所得比例年金である被用者年金(厚生年金)が存在し、国民皆年金が達成されている。どちらとも老齢給付、障害給付、遺族給付の機能を持つ。
歴史的経緯として、被用者年金が先に制度化されており、これは所得比例拠出型の社会保険である。保険料は事業主と折半して拠出し、保険者には政府管掌の厚生年金と共済組合管掌の共済年金が存在してきた。

よくわかる年金入門

最新年金情報 2020年度の年金額は0.2%の引き上げに決定

2020年度支給の年金額は2019年度から0.2%増額となることが確定したことを厚生労働省が発表を行った。 2020年度の本来の増額は0.3%の予定であったが、マクロスライド経済の発動により本来の増額より抑えられてしまいました。
よくわかる年金入門

年金最新情報!在職老齢年金を詳しく徹底解説。年金生活に必要なお小遣いサイトの決定版!

厚生労働省がさんざん検討していた、一定の収入が有る高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度を結局現行の制度のまま、月47万円を維持することにしたそうです。
よくわかる年金入門

節税対策にも使えるiDeCo(イデコ)がさらに便利になるらしい

働き方改革に合わせてiDeCoの受け取り開始年齢を現行では60~70歳の間で選べるのを75歳に広げる改正案も出ているらしい。 今回は所得税や住民税の節税対策にも使えるiDeCoについて検証してみましょう。
よくわかる年金入門

高年齢雇用継続給付が廃止されることが決定した。60歳以降も働くことがますます辛いことになる。政府の改悪政策が次々実行されていく。

高年齢雇用継続給付が廃止されることが決定した。60歳以降も働くことがますます辛いことになる。政府の改悪政策が次々実行されていく。
よくわかる年金入門

医療費負担2割は本当か!75歳以上の医療保険窓口負担2割を検討中

政府は医療保険制度の本格的な検討を始めた。 世代間の公平性を確保するために、七十五歳以上の後期高齢者の窓口負担を一割から二割に引き上げる方向だそうです。 現在の負担金額は高所得の一部の人を除いて70~74歳の人は原則として2割負担で、75歳以上の人は1割負担となっている。
よくわかる年金入門

マクロ経済スライド発動か?年金の伸びを抑制する可能性。来年度も発動で2年連続。

厚生労働省は、今年度に続き来年度も公的年金の支給額の伸びを物価や賃金が上昇した場合でも抑える制度である、マクロ経済スライドを2年連続で発動するつもりでいるらしい。
よくわかる年金入門

在職老齢年金65歳以上結局現状維持の月47万円。見直し断念。

厚生労働省がさんざん検討していた、一定の収入が有る高齢者の年金を減らす在職老齢年金制度を結局現行の制度のまま、月47万円を維持することにしたそうです。 ※結局思い切った制度改革が出来ない、決断力の乏しい烏合の衆による検討会でした。
年金制度の最新情報

お小遣いサイトの老舗、ちょびリッチは300万人が登録している安心して稼げるサイト

ネット上にある、詐欺まがいのお小遣いサイトとは違いますので、安心してお小遣い稼ぎが出来ます。 私も、ちょびリッチには大変お世話になりました。 失業中など、安定収入が途切れてしまっている時に大変重宝するのがお小遣いサイトですね。 簡単に登録が出来て、煩わしい手間もかからずに始められるので気軽にお小遣いが稼げます。
よくわかる年金入門

厚生年金の加入条件が変わる。51人以上の企業に拡大。非正規社員に加入促進。年金制度、本当に大丈夫なの?

社会保障制度調査会の合同会議において、厚生年金適用に関して、現在従業員数501人以上の大企業のみを対象とする企業規模要件を、「51人以上」まで引き下げる方針で検討が進められています。 低年金対策?企業も負担が重くなる 5...
年金制度の最新情報

厚生年金加入条件の変更、51人以上の企業が加入することに。

政府が検討する公的年金改革案の焦点だったパート労働者への厚生年金の適用拡大については、「従業員501人以上」としている企業規模要件を「51人以上」に引き下げる方向で最終調整に入る
よくわかる年金入門

60歳以上の年金を減らす在職老齢年金制度の見直しが大詰めらしいので検証してみた

就労し、一定以上の賃金を得ている60歳以上の厚生年金受給者を対象に、原則として、被保険者として保険料負担を求 めるとともに、年金支給を停止する仕組み。
よくわかる年金入門

年金手帳の廃止を検討 基礎年金番号のデータ化

厚生労働省は、現在公的年金の加入者全てに交付している「年金手帳」を廃止する方向で検討していることが29日、分かった。 手帳には記録管理のために一人一人に割り当てられる基礎年金番号が記載されているが保険料の納付記録や加入資格の管理は電子データ化が進み、役割が低下した。 厚生労働省は年金手帳よりも費用がかからない簡単な通知書などで代替する案を検討する。
年金制度の最新情報

在職老齢年金の最新情報。減額基準50万円台どうなる

厚生労働省は、「在職老齢年金制度」について、65歳以上の減額基準を現行の47万円から50万円台に引き上げる案の検討に入ったそうです。 厚労省は今後、年金部会や与党の議論も踏まえながら年内に制度設計を詰め、来年の通常国会への関連...
タイトルとURLをコピーしました