賃金の引き上げと労働生産性の向上-働き方改革

最新の年金情報

最低賃金制度とは?

最低賃金については、「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)において、 「年率3%程度を目途として、名目GDP成長率にも配慮しつつ引き上げていく。これにより、全国加重平均が1000円になることを目指す。
このような最低賃金の引き上げに向けて、中小企業、小規模事業者の生産性向上等のための支援や取引条件の改善を図る。」とされています。
厚生労働省では、このような最低賃金の引上げに向けて中小企業・小規模事業者対する生産性向上等の支援を行っています。
最低賃金に関する特設サイトを設けています。

特設サイトは、こちらからご覧いただくことができます。

最低賃金・賃金引上げに向けた生産性向上等の支援

業務改善助成金
中小企業・小規模事業者の業務の改善を国が支援し、従業員の賃金引上げを図るために設けられた制度です。
生産性向上のための設備投資などを行い、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)を一定額以上引き上げた中小企業・小規模事業者に対して、その設備投資などにかかった経費の一部を助成します。

  • 生産性向上事例集 ~最低賃金の引上げに向けて~
    • 個々の事業場を対象とした業務改善助成金や、業界団体を対象とした業種別中小企業団体助成金の活用事例などをもとに、業務の効率化や働き方の見直しなどを実施して生産性向上を実現し、賃金の引上げを行った事例を掲載しています。特に、取組の中心となった人や、取組後の変化、助成活用のポイント等を分かりやすくまとめています。

結論を言いますと、国民や企業が抱いているさまざまな将来への不安や危機感ををなくさない限り、賃金の引き上げと労働生産性の向上は難しいということですね。

タイトルとURLをコピーしました