再就職活動について

リストラ対応マニュアル

その1情報収集

再就職活動を成功させるには企業に関する情報をいかに的確に収集し分析出来るかがポイントになってきます。
働いてみたい会社の企業情報や就活用求人情報を上手に集めなくては、就職戦線に参加することすら出来ないのです。

そこで私が、おすすめしたいのが、公共機関や民間が運営している転職に関するサイトや公的機関の利用です。

その主な方法としては、以下の方法があります

①公共の職業斡旋機関であるハローワークや人材銀行(最近知ったのだが、人材バンクとも言うらしい・・・)などの機関を利用する。最近のハローワークは、とてもキメ細やかな対応で安心して職に関する相談が出来ます。

②大手新聞社などに掲載されている求人広告など。広告求人数も多いですが、ライバルも多いです。
・新聞の求人広告にはそれぞれ特徴があり採用者である企業の意図が読める。

③インターネットによる就職情報サイト
最近のネット就職情報はかなり多角化していて、さまざまなニーズに応えており、今後も就職活動の主流であることは間違いありません。

但し、インターネットによる情報は双方向とは言うものの、実際には企業側の一方通行的な色合いが強いのも確かです。

転職も最終的には、人と人との出会いなのでネット情報を過信しすぎないようにする注意も必要です。

その他として、会社情報の辞書的な意味が高い「会社四季報」や日経会社情報なども企業の動向などを読み取ることが出来て再就職にも大変参考になります。

会社四季報は、インターネット証券で口座を開設すれば、各証券会社のホームページで無料で四季報を見ることも出来ます。

四季報だけでなく、日本を代表する会社の情報が無料で入手できる、ネット証券の口座をこの機会に作っておくことをお勧めします。

私のお勧めのネット証券は、口座数№1で企業情報も見やすい、
SBI証券

夜間取引などユニーク路線のマネックス証券

いずれも口座開設は無料です。

その2.人材銀行

人材銀行とは、職業紹介を行う国(厚生労働省)の機関で、全国に12箇所あります。

人材銀行のお申し込みやご利用は無料です。
また、ご利用いただく方のプライバシーは守秘義務によって守られているそうです。※人材銀行HPより

東京人材銀行ですが、ここはハローワーク飯田橋の内部組織として
1.求人・求職情報の提供及び紹介
2.各種労働関係情報の提供
3.転職にあたってのカウンセリングサービス
などを行っている機関です。

追記:人材銀行は平成28年3月で廃止されました

その3.転職サイト

インターネットの転職サイトで仕事を探すメリットは、なんと言ってもその膨大な企業情報の数と転職者にきめの細かいアドバイスが出来ること。
そして、最後まで面倒をみてくれることです。

ここでは頼りになる代表的なネット情報サイトを紹介します。

詳しくは、当サイトの就職支援をご覧下さい。

頼れる転職サイトたち(上手に使おう!)

しごと情報ネット
しごと情報ネットとは、(財)雇用情報センターが運営しています。
仕組みは仕事を探している方々が、インターネットを活用して、民間の職業紹介会社、求人情報提供会社、ハローワーク等の参加機関が保有する求人情報を検索し、それぞれの機関にアクセスしやすくすることによって、仕事探しを支援する仕組みです。

リクナビNEXT
25歳~35歳の方におすすめです
業界職種に精通したキャリアコンサルタントからの転職活動アドバイスや転職ノウハウなどの情報提供を受けられます。面接対策や待遇交渉まで、転職活動におけるエキスパートならではの付加価値を利用してみてください

再就職活動PARTⅡに続きます。

タイトルとURLをコピーしました