リストラされて失業すると生活はどうなる。住宅ローン対策について検証した。

スポンサーリンク
 転職に興味のある人今すぐ見て
リストラ対応マニュアル

リストラとは?

いま勤めている会社は安泰だと思っているあなた。

会社は生き物です、いつ事故や事件、業績不振あるいは風評被害を受けて倒産するかわからないのが今の時代の特徴です。

倒産する前に行われるのが、リストラです。

リストラの意味ですが、

リストラとは、英語の「Restructuringリストラクチャリング」の略語で、本来の意味は「再構築」である。日本語の文脈の中で使われる外来語としての「リストラ」は、企業の経営に関わる行動としての意味合いのみを持つのに対し、英語における用法にそのような限定は存在せず、たとえば「労働市場を再構築して完全雇用を実現しよう」といった使われ方もされる。

※ウイキペディアより引用

と言うことです。

多くの企業は、リストラを人員整理ととらえてむやみに人を解雇しますが、その様な会社からは真っ先に優秀な人材が辞めていき、会社の質がますます劣化していきます。

本当のリストラとは

リストラというと整理、削減、規模縮小などマイナスの意味で考えられがちですが、リストラの本当の意味は、人員の削減ではなく事業の再構築と言う意味です。

企業を前向きに再駆逐するための人、モノ、カネを再配備していくことが本来のリストラですが、しかし現実には、日本の企業ではリストラを単に人員整理としか捉えてません。

リストラの前兆

リストラの間違った使い方をしている日本企業。

そんな、会社のリストラが始まる前兆というものがあります。

会社が倒産する時の前兆と似ていますが、まず会社の業績が悪くなり事業の縮小化や合併などが起きます。

お金にまつわる前兆として、ボーナスが減らされたり、残業代のカットなども始まります。

社内の雰囲気も変わり始めたら要注意です。

役員が他の会社から来たり、パートや契約社員が解雇されたりもします。

こんな前兆が現れたら、既に黄色信号が灯ってますので、早めの対応が必要です。

リストラされたら住宅ローンはどうする

リストラされて、運よく退職金がもらえてとしても残ってしまう恐れのあるのが、住宅ローン35年払いで組んだローンが重たく圧し掛かってきます。

そんな、住宅ローンの対応としては

1.住宅を売却する。

さっさと売り抜けてしまいましょう。任意売却をしてくれる不動産屋を探しましょう。

2.貯金を使ってローンを支払う

これは、あくまでも緊急避難措置と言えます。再就職が長引いたりすると貯金が無くなり家計が圧迫されますので、短期間の対応策と言えます。

3.住宅ローンを組んでいる金融機関に相談する。

こちらも、あくまでも再就職先が決まるまでか、収入が安定するまでの対応策ですが、元本の支払いを再就職するまでの間待ってもらい、利息のみの支払いなどを相談してみる。

この方法は、元本支払いを先延ばしにするだけで先に行くほど苦しくなる可能性がありので、短期間向きと言えます。

リストラされる前に転職を在職中に成功させよう

前兆が現れたら、リストラ勧告される前に、粛々転職活動を始めましょう。

まずは、転職のプロ 転職エージェントに登録することをお勧めします。

国内№1と№2の転職サイトに登録しておけば、安心ですね。

国内の転職エージェントナンバー1

【リクルートエージェント】

そしてナンバー2

doda(デューダ)登録公式サイト登録することをお勧めします。

リストラされる前に、さっさと次の職を決めてこちらからオサラバしましょう。

くれぐれも、在職中に転職活動をしてください。

タイトルとURLをコピーしました