再就職活動PARTⅡ

リストラ対応マニュアル

応募連絡の方法

いろいろな方法を使って希望する会社へのコンタクトを行うのですが、電話やメ-ルを利用することで、効率的に応募が出来て、さらにチャンスを広げるうえで、大いに役立ちます。

電話編

ココだ!と思ったらなるべく早めに応募することが重要です。
ですがあせって応募しても事前の準備をしていないといざ電話口での応対がしどろもどろになってしまい逆効果となってしまいます。

最低限、①求人広告②履歴書などの下書き③筆記用具④カレンダー・スケジュール帳はすぐ手の届くところに準備しておきましょう

①そして電話ではまず応募の意思表示をします。
採用担当者が出たら、まず名前を告げて挨拶をします。そして応募の意思表示をしましょう。

②続いて、疑問事項の問い合わせをします。
こちらからいきなり質問してはいけません。まずは質問を受け付けてくれるかどうかを確認してから、どうのようなことか、聞かれたら質問しましょう。

③そして、面接日時の打ち合わせをします。
事前にスケジュールを確認しておき指定された日時の都合が悪い場合は事情を簡単に述べて変更をお願いしましょう。
間違っても他に「面接の予定がある」とか「友達との予定がある」などとは決して言わないこと。

④必ず面接日時はその場で復唱して確認しましょう。
そうすることで、相手が復唱する手間を省きます。

⑤最後に挨拶をします。
担当してくれた方の名前を確認し、対応してくれたことに対するお礼と訪問した際のお願いをして、失礼しますの一言を添えて静かに受話器を起きます。

電話応募の時点で落とされることがあります。
その理由として、周りの雑音が電話口から入り本人の言葉が聞き取りにくかったからです。
携帯電話からや外出先からの問い合わせはなるべくなら避けましょう。

そのほかにも、時間帯を考えずに問い合わせをしてきた。通話中に相手を待たせてしまう。敬語が使えていない。質問の連発。挨拶が無い。

など常識的なことが出来ていないことで、最初の入口で没になるケースもありますので電話といえども細心の注意が必要です。

電子メール編

いまや生活の中で欠かすことの出来ない連絡ツールとして市民権を得たメールですが、考え方、使い方は電話での応募連絡と同じです。

簡潔で読みやすく、自分の基本情報を相手に提供することが大切です。

普段からメールを使いこなしているからと普段どおりに無造作に非常識なメールを送信している場合があります。
細心の注意を払い送る前にも必ず確認しましょう。

求人企業へのメールは拝啓や時候の挨拶は省略します。
簡潔で分かりやすく、必要最低限の基本情報が記載されていれば良く、相手に内容がすぐにわかるような件名を付けましょう。
またメールに履歴書や職務経歴書を添付することはやめましょう。

 

転職サイト編

インターネットでは求人情報を提供する転職サイトが数多くあります。

たいていの転職サイトには、職種分野や勤務地、給与、勤務時間など条件ごとに検索できる機能もあり短時間で大量に情報を入手することが出来ます。

時間を問わず夜間でも応募することができますし、1回の入力で複数の企業にアプローチできます。

ネットでの申し込みは電話での応募とは違い、申し込みイコール即面接ではなく、企業の担当者からすれば、応募の連絡にすぎませんので、まずはその段階をパスしなければなりません。

最近の採用までの期間は長期化する傾向にありますので、ネット応募のメリットを活かした複数の企業への応募を行うことが、転職サイトの上手な方法の一つだといえます。

応募した書類や広告類は入社までファイルに保存し、整理しておきましょう。


詳しい転職サイトの情報は、当サイトの就職支援をご覧下さい。

タイトルとURLをコピーしました