再就職支援と人材育成 働き方改革

働き方改革 わかりやすく解説

働き方改革実行計画では、下記の2つの対応策を示しています。

1.転職・再就職者の採用機会拡大に向けた支援・環境整備の推進

2.給付型奨学金の創設など誰にでもチャンスのある教育環境の整備

転職・再就職者が格差を固定させない人材育成、教育の取り組みとして、転職が不利にならない柔軟な労働市場や、企業慣行の確立、成長企業への転職支援、地方の中堅・中小企業等への人材支援、雇用吸収力の高い分野へのマッチング支援を目指し、働き方改革実行計画で以下の対応策を定めました。

再就職支援と人材育成の今後の動き

転職・再就職者の採用機会拡大に向けては、転職が不利にならない柔軟な労働市場や企業慣行を確立することが重要であり、年齢にかかわりない多様な選考・採用機会の拡大のための指針の策定を図るとともに、成熟企業から成長企業への転職支援を集中的に実施する。また、地方企業の経営改革と人材還流に対する支援を行い、ハローワークに専門窓口を設置するなど雇用吸収力の高い分野へのマッチング支援を推進し、職業能力や職場情報の見える化を実施する。

働き方改革実行計画の詳細は、こちらのサイトでご覧いただけます。

タイトルとURLをコピーしました