就職や転職に有利なおすすめの資格とは何か

スポンサーリンク
 転職に興味のある人今すぐ見て

転職に有利な資格とは

どのような資格やスキルがあれば転職活動に有利になるのでしょうか?
ここではそんな疑問にお答えします。

転職活動をする上で武器となるのは、やはりその職種に関連した資格を持っていることだと言えます。

志望職種や応募先によって、それぞれ違うので有利なパターンを最近の傾向などからみつけましょう。

例えば、志望職種が総務関連なら「社会保険労務士」、健康関連企業なら「栄養士」、製作・印刷関連なら、「DTPエキスパート」の資格や相応のスキルが評価されます。

一概にこれが転職に有利です。とは言えないですが、だいたい次の4つのパターンに分類されています。

1)「食品衛生責任者」「宅地建物取引主任者」などお店や事業所に一定数の資格取得者を置くことが義務付けられているケース。

2)「運転免許」「危険物取り扱い主任」など業務が特定なものに限定される場合必ず必要となるケース。

3)「看護士」「美容師」など志望職種に就くのに必須の国家資格を必要とするケース。

4)「調理師」「秘書検定」など志望する会社が求める技能水準を証明できる資格。

また、求人広告でよく目にする優遇の対象になっている、いわゆる定番の資格・スキルが有利です。

最近では、病院の窓口業務に必要な「医療事務」や医師や看護士がスムーズに治療ができるように事務をサポートする「メディカルサポート専門士」院外処方の増加に伴いニーズが増えてきている、「調剤報酬請求事務専門士」などもニーズが増えていく傾向にあります。

またIT企業において求められている、ウェブサイトの立ち上げやサイトデザインの検討などを行う「WEBデザイナー」流通業界向けオープン系基幹システムの開発などを行う「オープン系SE」などを持っていると売り手市場です。

そして、求人広告では定番の免許・資格・技能としては、「普通自動車免許」
ドライバー系の職種には必須です。

「ワード・エクセル」が使える。単にパソコンが使えますと言うよりもより具体的にアピールすることが出来ます。

「TOEIC」語学スキルを条件にした営業系や事務系の場合に併記されるケースが多い。

「実用英語技能検定」一般事務、貿易事務など事務系職種の場合は語学スキルの目安としてこの英語検定レベルを併記すると良いでしょう。

「簿記検定」は事務系全般で歓迎される資格です。


続いて、通信講座で取得できる資格についてです

タイトルとURLをコピーしました