公的年金,年金,年金制度,確定拠出年金イートレード証券,再就職,定年退職,退職,転職について詳しく解説。
転職・退職・定年
転  職 退  職 定  年 リストラ 倒  産

HOME サイトマップ 転職かわら版 リンクについて 当サイトについて メール
完全マニュアル
転職してステップアップしたい方、まもなく定年を迎える方何だか会社の様子がおかしいと感じている方、上司に恵まれず会社を辞めたい方など職に関することで悩んでいる方の力になりたいと思いこのサイトを立ち上げました
転職支援 資格取得 バイト・派遣 健康維持
コンテンツ

転職マニュアル
転職前の心得
転職前の準備
転職に伴う手続き
再就職活動について
再就職活動についてU

退職マニュアル
退職前の心得
退職前の心得U
退職前の準備
退職に伴う手続き
退職後の生活について
再就職活動について
再就職活動についてU

定年マニュアル
定年退職前の心得
定年退職前の準備
定年後の生活について
定年後の仕事選び
定年後の再就職活動
定年後の資産運用について


リストラ対応マニュアル
リストラの解釈
リストラにはこう対処する
退職時の手続き
退職後の生活
再就職活動について
再就職活動についてU


会社倒産マニュアル
会社倒産の前兆
会社倒産時にすること
会社倒産時の退職手続き
退職後の生活について
再就職活動について
再就職活動についてU


ネット活用マニュアル
転職サイト活用の達人
派遣会社選びの部屋

資格取得の名人


サブコンテンツ

税金・保険はどうなる
所得税・住民税について
国民・厚生年金について

医療保険について


再就職活動支援
ハローワークの活用法他
ネットで再就職活動
その他の再就職支援


失業保険について
失業保険とは?
失業保険の手続き


資格取得のすすめ
資格の必要性
転職に有利な資格とは
通信講座で資格取得
ヒューマンアカデミー

よく分かる年金入門
年金の基礎知識
老後の年金について
公的年金だけで大丈夫か?

最新版年金制度改正

再就職マニュアル
自己分析についてほか
履歴書の書き方
職務経歴書の書き方
面接について

リッチライフ

クレジットカードのこと
退職したらカードは作れない
作っておきたいカードはこれ


就職活動中の息抜き
転職活動中の息抜きとは
お勧めオンラインゲーム


証券会社と株取引
ネット証券は情報の宝庫
おすすめのネット証券会社


転職こそ節約
生命保険の見直しで節約
生命保険の正しい選び方

車両保険の見直しで節約


よく分かる年金入門
 
  
TOP>よく分かる年金入門(公的年金だけで大丈夫か)


よく分かる公的年金

公的年金だけで大丈夫か?

1.公的年金はどうなる?

日本の年金制度は問題が山積しています。年金制度を何度も見直さなければならないこと自体不完全な制度であることを自ら認めているようなものですよね。

今後も改正が行われますが、その間にも年金の問題は刻々と変化することでしょう。


※平成17年12月政府は
「厚生年金と共済年金の一元化を、速やかに進める。官民格差は是正する」といった、年金改革の基本方針に合意しました。(あくまで速報です)


2.年金は大丈夫なのでしょうか?

年金と一口に言っても、その種類には@公的年金A企業年金B個人年金に大別されます。

@公的年金については、前章などで説明したとおり、社会保障制度の一つとして、国民に対して支払われる年金です。

A企業年金は退職後の生活保障として、自分の勤めていた企業から支給される年金のことです。

B個人年金とは自分の意思で老後の資金の準備をする、姓名保険会社などの金融商品のことを言います。

はたして公的年金は大丈夫か

一番の関心事は@の公的年金ですが、はたして世間で言われているように将来的には破綻してしまい、もらえなくなるのでしょうか?

確かに、今年2005年は歴史に残る日本が人口が減少を始めた年でもあります。
少子高齢化が進めば、明らかに現在の年金制度では、機能しなくなり、一人の高齢者を支える成人の数が、今よりも少なくなることは、目に見えています。

今までは4人で一人のお年寄りを支えてきたのが、これから先2050年頃には、二人で一人のお年寄りを支えなければならなくなります。(あくまで予想です)

こういった少子高齢化は、今すぐ効果のある対策を打てたとしても、今後50年間位は少子化が進むと言われています。

そうすると、年金加入者の負担額の増大は避けられません。しかし大きな負担を強いてしまうことはできません。

そこで平成16年の大改正では、
保険料水準固定方式という仕組みを採用しました。
この方式は、予想される将来の保険料より低い位置に上限を設けるというものです。

ですが、現在と同じ程度の年金支給額が支払えないので、給付水準は現在より引き下げられるというものらしいです。

名目の年金額が下がるというものではなく、賃金や物価が上昇しても、年金額は今よりも引き上げられないので、実質的な給付水準が下がり、将来的には、今と同じ水準の年金受け取りは期待出来ないというようなものらしいです。


3.確定拠出年金について

公的年金が不安定な世の中で、確定拠出年金と呼ばれる、アメリカの企業年金を参考にした、401kなどと呼ばれるプランがあります。

今までの日本の社会では、将来受け取ることが出来る年金額が、あらかじめ決まっていました。(確定給付型年金と言います)

確定拠出年金は低成長時代において、上手く機能しなくなってきた確定給付型年金に代わって導入されました。

確定拠出年金には、会社員を対象にした企業型と自営業者などを対象にした、個人型という2つのタイプがあります。

個人型の掛け金は個人事業主個人が支払いますが、企業型は所属している企業が掛け金を支払ってくれます。

支払った掛け金をどのように運用するのかは、全て加入者が判断して決めるのです。
ですから受け取れる額も個人により異なりますし、運用に失敗したとしても全て個人の責任で行はなければなりません。

そういった意味では、これからの老後の資金を増やすためにも、金融派生商品や、経済についても充分な知識が必要になってくるでしょう。


老後の備えに株式投資で資産の運用をしましょう。




公的年金だけで大丈夫か?>最新版年金制度改正




お役立ち情報

就職お役立ちリンク
再就職に関する情報リンク
ハローワーク インターネットサービス
転職にも役立つサイト
就職四季報 WEB
税金・保険・年金に関する情報リンク
年金に関する相談は年金機構
労働条件に関する相談は労働基準監督署
職業訓練に関する情報リンク
高齢・障害・求職者雇用支援機構
職業能力開発総合大学校
【無料】複数の保険会社・生命保険のパンフレット一括請求
イチオシ教育サイト ヒューマンアカデミー
民間再就職に関する情報リンク
転職、求人情報ならリクルートの転職サイト【リクナビNEXT】
HOME サイトマップ お問い合わせ 転職かわら版 リンクについて 相互リンク集 当サイトについて
当サイトを利用してのいかなるトラブル、損害、損失については当サイトでは一切責任を負いません。
当サイトの掲載内容、構成、デザイン等の無断転載・コピーはかたくお断りします。
Copyright(c)2005-2017  転職・退職・定年 完全マニュアル  All rights reserved.