おすすめのネット証券 口座開設 入金方法について

スポンサーリンク
 転職に興味のある人今すぐ見て

SBI証券[旧イー・トレード証券]

おすすめのネット証券会社

インターネットの普及に伴い個人投資家の注文シェアの4分の3がオンライン証券経由で行われてます。
   
ネットでの注文が中心となっているのは手数料の安さや、サービスの充実、取引の便利さによります。

ネット証券会社は、大幅に人件費や店舗費などの経費削減ができるため、その分手数料を安くでき、各種サービスを充実させることが出来る仕組みになっています。
株式取引は、インターネットで行うのが常識となりつつあります。

証券会社は、1つだけではなく複数持つのがオススメです。口座管理手数料が無料の証券会社なら、分析やニュースなどのサービスだけ受けることもできます。
    
また、IPOで当選を狙うなら当然口座数が多い方が有利なので、複数の口座を保有することがオススメです。

転職活動を勝ち抜くにも、数多くの情報を持っているほうが有利に戦うことができます。

今話題のネット証券会社やユニークなサービス、各社取引手数料など管理人のオススメ証券会社を紹介します。

1.SBI証券

SBI証券は口座開設数が“460万口座”突破(※2019年7月時点)しました。

ネット証券ではナンバーワンの口座開設数を誇っています。そして人気の理由の一つは、IPO(新規公開株)です。IPO取り扱い銘柄は、ネット証券界の中で断トツトップですし、IPOの抽選に『ハズレて貯まるIPOチャレンジポイント』は強い味方ですね。

ポイントを貯めて、当選へつながるのが楽しみです!

多機能な情報ツール(銘柄分析・四季報など)も無料で使えますから人気が出て当然です。そうとう、重宝する証券会社です。

SBI証券の資料請求はこちらから出来ます

 

2.マネックス証券

マネックス証券は株式売買手数料がお手頃な最低110円~と、株式取引をリーズナブルに始められます。米国株や中国株、FX、海外ETF、外国債券など、海外投資商品を豊富に取り揃えているのも特徴です。さらに、投資信託は手数料無料(ノーロード)のファンドが多数。IPOでは公平な抽選方法を採用している証券会社です。

東京テレビの大江アナウンサーの旦那さんの会社です。

マネックス証券の資料請求はこちらからできます

 

3.丸三証券

丸三証券は、マルサントレードに新規口座を開設したお客様は、口座開設後2ヶ月間、株式手数料が無料になります。
売り買いの別、現物・信用の別、銘柄や取引回数に制限はありません。

また、2ヶ月間の無料期間終了後もリーズナブルな手数料でお取引いただけます。

長期の資産運用の手段として注目される「つみたてNISA」と「投信積立」のお申し込みも好評受付中です。
つみたてNISAは月々1,000円から。銀行やゆうちょ銀行からの引き落としもできます。

丸三証券の資料請求と登録はこちらからも出来ます。

 

 

タイトルとURLをコピーしました