生命保険の見直し方と注意事項、人気の生命保険の選び方。

生命保険のお得な選び方を詳しく解説

自分のライフスタイル合った生命保険選び

一生で支払う保険料っていくらだろう?

そんなことを考えたことありませんか?当然条件によって違いがありますが、総額1,000万円位は支払っている人が大部分だそうです。

保険に加入するということは、大きな買い物をするのと同じなのに結構安易に入ってしまいがちですね。

そこで、ライフプランを見直しながら、生命保険も見直してみる。

そんなお手伝いが出来ればと思い今回このページを追加作成しました。

保険に入る目的別に検索して、最適な生命保険会社を絞り込めるようにしました。

※実際の加入には各保険会社の特色を十分確認のうえ加入してくださいね。

1.死亡したときに備える保険

死亡保険とは、保険の契約者が死亡もしくは、高度な障害者となったときに、支払われる保険のことです。

目 的

死んだ後に遺族に対して保険金を残すことです。

 

特 徴

本人が死なない限り、保険金が支払われることがありません。もちろん本人が保険金を受け取ることもありません。

   

最適者

①本人が死んだとき多額の相続税が発生してしまうため、その原資を保険金で充当したい人
②配偶者のために、多くの生活資金や教育にかかる資金を残しておきたい人。
③葬式代や死んだ後のことを整理する費用を残したい人。

 

種 類

終身保険
終身保険とは、保障が一生続く保険のことでいつ死んでも、途中で解約しない限り、遺族に保険金が支払われるタイプの保険です。

◆定期保険
定期保険とは、掛け捨て保険の代表的なものです。満期になっても保険金の支払いはありません。その代わり、保険料を安くすることが出来るのが特徴です。
◆養老保険
養老保険は、貯蓄性の高い保険です。死亡したときに遺族に対して保険金を残せて、満期まで生きたときには保険金を自分で受け取ることが出来ます。

◆定期付終身保険

最もポピュラーであり、会社などに出入りしている保険屋のおばちゃんに勧められて入った保険のほとんどがこのタイプです。正式名称は「定期保険特約付き終身保険」といいます。終身保険に特約として定期保険がくっついたタイプです。大きな保障と掛け捨てでないところが特徴です。定期保険の期間が終わると極端に死亡保険の額が少なくなるので注意が必要です。

自由設計型保険
必要な保障部分は、特約で付加して、積み立ての部分を活用して自分の生活に合わせた保障の見直しが出来ます。

2.病気・入院に備える保険

保険加入者が病気や不慮の事故で入院や通院をした際に、支払われる保険です。

目 的

病気や事故による怪我などで入院したときにかかる費用を保険金でまかないます。

 

特 徴

病気や事故になどによる怪我で入院や通院をした時に、入院・通院の日数に応じて一日あたりに支払われます。

   

最適者

①死亡したときの補償が必要の無い独身者や主婦など
②養老保険や定期保険など保険の期間が決められている保険に加入している人。
③終身保険だけでなく、生きるための保険にも独立して加入しておきたい人。

 

種 類

医療保険
医療保険は、病気や怪我などで入院したり、決められた手術など受けた場合に保険金が受け取れます。最近では掛け金が同一で一生保険が継続する保険もあります。

◆がん保険
日本時の死亡原因の第一になったがん。がんにより入院したり手術した場合に保険金が受け取れる保険です。費用のかかるがん治療に対応できる保険です。

三大疾病保険
がん・心筋梗塞・脳卒中が三大疾病です。若いからと安心できないのがこれらの病気の特徴でもあります。これら三大疾病に特化した保険です。

障害保険
傷害保険は、急激かつ偶然な外来の事故によってその身体に被った傷害に対して保険金が支払われる保険です。

3.貯蓄性を重視した保険

保険加入者が病気や不慮の事故で入院や通院をした際に、支払われる保険です。

目 的

老後やもしものときの生活に備えるための保険です。

 

特 徴

国の年金制度も怪しくなり今や老後のことは自分で考える時代です。そんな老後の備えを自分で蓄えるためや介護のために必要な費用をまかなうための保険です。

   

最適者

①老後の生活費などの資金を自分の力で準備しておきたい人。
②すでに住宅など必要な資金が終わり、後は老後を余裕で過ごしたい人。
③余分に数十年間保険料を払える人。。

 

種 類

年金保険
退職後の生活資金などを保険で準備できます。現在夫婦年金と呼ばれる夫婦のどちらかが生きている限り支払われるタイプもあります。

◆介護保険
国で行っている介護保険ではなく、自分が介護が必要になったときに一時金や介護保険金が支払われる保険のことです。

養老保険
保険の満期を迎えたときに死亡したときと同額の保険金が受け取れる保険のことです。

学資保険
こどもの教育費用を備えこどもが成人するまでに万が一がの死亡したときも保障する保険です。

4.女性のための保険

女性特定の病気に手厚い医療保険など女性専用の生命保険です。

目 的

さまざまな場面で活躍する女性の見方となる保険です。

 

特 徴

女性のための保険とは、女性特有の乳がんや子宮の病気などの病気も手厚く保障してくれる女性専用の保険で、女性保険特有のうれしいボーナスが付いた保険などもあります。

   

最適者

①女性特有の病気入院の保障を手厚くしたい。
②元気に過ごしている場合にボーナスなどの特典が欲しい。。
③女性特有の病気以外も保障してくれる。

 

種 類

医療保険
一般の医療保険とは違い、女性特有の病気入院に保障を厚くした保険です。また女性特有の病気以外の保障も充実しているのが特徴です。

◆傷害保険
女性が怪我や事故などで入院してしまったときに、子供の面倒や家事などにかかる費用を補償してくれる。

生存給付付の保険
生存していた場合の支払いに重点を置いて、死亡時の保障はあまりしないのが特徴。高額な死亡保障をあまり必要としない女性ならではの保険です。

5.お年寄りのための保険

満80歳までの方なら誰でも加入できるお年寄り向けの保険です。

目 的

死亡保険よりも医療保障や老後の資金に重点をおいています。

 

特 徴

告知書の提出や医師の診査などが不要なためほとんどの方が加入できます。死亡保障は一生涯続くタイプがほとんどです。

   

最適者

①がんや病気、怪我を手厚く保障したい方。
②一生涯保障が続き保険料が手軽な保険に加入したい方。
③60歳を過ぎて保険を変えたい方

 

種 類

終身医療保険
一生涯保障が続き病気や怪我時の入院に保障が続きます。また保険料の更新などによる変更がないのも特徴です。

◆終身死亡保険
病気、災害、事故などによる死亡保障が対象です。また終身の保険のため保障が一生続き、災害や交通事故による死亡保障も手厚いのが特徴です。

   

6.一生保険料の変わらない保険

格安な保険料が一生変わらない保険のことです。

目 的

加入したときの保険料が変わらずに同じ保障が続く。

 

特 徴

病気や怪我、生活習慣病をきちんと保障してくれる終身医療保険タイプが主流です。

   

最適者

①一生同じ保険料で同じ内容の保障を受けたい方。
②掛け捨てではない保険に加入したい方。
③生活習慣病なども保障してくれる保険に加入したい方。

 

種 類

終身医療保険
一生涯保障が続き病気や怪我時の入院に保障が続きます。また保険料の更新などによる変更がないのも特徴です。

生命保険を厳選してます無料生命保険ショップ選びはこちらから

 

次は自動車保険の見直しで節約するです

 

タイトルとURLをコピーしました