転職するなら働きながらの方が得は、本当か?退職後の転職活動は不利を、検証してみた。

転職に関するマニュアル

今いる会社がたまらなく嫌でしょうがない人、人間関係も最悪で、仕事の内容も自分には全く合っていない!早くこんな会社を辞めたい!と思っているあなた。

今少し、冷静になりましょう。

転職活動をするうえで、嫌でたまらない会社を利用して転職を成功させようではありませんか!

転職活動は会社に在職しながらが断然有利

今いる会社を辞めて転職活動をしようと考えている方、会社にいる間に次の会社を探すほうが、断然有利です。

一時的な感情で今いる会社を辞める前に冷静になって下さいね。

会社を辞めて、無職になってから改めて転職活動をするより、今いる会社が嫌で仕方ないとしても、在職中に転職活動をした方が得です。

会社に在職中の転職活動は、断然有利です。

粛々と転職活動をしてください。

なぜ、在職中の転職活動が有利かというと、

安定した定期収入が有るのと、無職になり収入が無くなった状態では、気持ちの上でも優位さかま全然違います。無職になり、収入を得ることを最優先にするあまり、ブラック企業に就職してしまい取り返しのつかないことになりかねないです。

多少つらくても、安定収入が有る状態で就職活動をした方が、気持ちの上でも断然有利に転職活動を行えるのが分かります。

我慢してブラック企業にいるより逃げるが勝ちもある

在職しながらの転職活動を勧めてきましたが、中には我慢しないで辞めてから転職活動を行った方が良い場合もあります。

それは、今いる会社のブラック度がかなりきつい場合。これは、我慢していると精神的に崩壊する場合がありますので、即退職をして出ないし転職をした方が良いと思います。

それと、転職エージェントとある程度、活動を進めていてそろそろ良い結果が相手の企業から出そうな場合は、今いる糞会社からさっさと三行半を叩きつけて辞めるのも、気分が良いものです。

いずれにしろ、自分を殺してまで、精神的に追いやられまで、ブラックで危ない会社には居ない方が良いということです。

転職を有利に早く進めるには、やはり転職エージェントに頼るべき

いち早く、今いる会社からオサラバするには、やはり転職のプロに頼るのが一番です。

 

国内の転職エージェントナンバー1

【リクルートエージェント】

そしてナンバー2

doda(デューダ)登録公式サイト登録することをお勧めします。

今まで、4回の転職を経験した管理人が言うのも何ですが、無理して自分に合わない会社に居続ける必要は無いと言うことを言いたいです。

精神的、肉体的におかしくなっても、会社は何もしてくれないですから見切りは早く、次への行動も素早くしましょう。

タイトルとURLをコピーしました