多様で柔軟なワークスタイル 柔軟な働き方ができる環境づくり

働き方改革 わかりやすく解説

柔軟な働き方ができる環境づくり

柔軟な働き方を実現する環境整備のために、テレワークの普及に政府は今、力を入れています。

テレワークとは、情報通信技術

(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のことです。

※「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語

テレワークは働く場所によって、自宅利用型テレワーク(在宅勤務)、モバイルワーク、施設利用型テレワーク(サテライトオフィス勤務など)の3つ分けられます。

その他には、

在宅勤務

自宅にいて、会社とはパソコンとインターネット、電話、ファクスで連絡をとる働き方。

サテライトオフィス勤務

勤務先以外のオフィススペースでパソコンなどを利用した働き方。一社専用で社t内LANがつながるスポットオフィス、専用サテライト、数社の共同サテライト、レンタルオフィスなどの施設が利用され、都市企業は郊外にサテライトを、地方企業は都心部にサテライトを置く。
テレワークが適しているのは以下のような人たちです。

モバイルワーク

顧客先や移動中に、パソコンや携帯電話を使う働き方。

テレワークの効果

1.テレワークの効果は、多岐にわたりますが、7つに集約できます。

2.テレワーク導入済みの多くの企業では、計画的に、戦略的にテレワークを導入し、様々な課題の解決を図っています。

3.テレワークは、環境負荷軽減や雇用創出など、社会にとっても大きな効果があります

テレワークの現状

テレワークに適した仕事がないとの理由で、ほとんどの企業がテレワーク導入をしておりません。

タイトルとURLをコピーしました