女性が再就職するための面接対策について、詳しく解説。

面接に受かるためのコツとは何か

女性に限らず、面接まで漕ぎつけたということは、既に希望する企業の求めているスキルについては、履歴書等によりクリアしています。

では、面接では何が問われるのでしょうか?

それは、極論で言うと見た目です。

見たと言っても、女優さんに求められている見た目ではなく、清潔感や一目でわかる雰囲気みたいなものです。

履歴書の写真では分からない見た目を人事の人は見ようとします。

見た目の他には、希望する企業のカラーに合うかどうかを見ます。

今いる社員とはたしてなじめるか、企業の求めるカラーと会うかを見極めるのが面接です。

私が人事部で面接をしていた時は、第一に履歴書とは別に面接会場で書いてもらうアンケートのような用紙に書かれた文字を見ました。

履歴書は誰でも丁寧に書きますし、場合によっては、パソコンで記載しますが面接会場で記載する用紙には本人の普段の文字が記載されますので、本音が出ます。

そして、履歴書では読み取ることの出来ないその人の雰囲気を見ることが出来ます。

希望する企業が求める人物像に合致するかどうかが一番のポイントになります。

採用を勝ち取るための面接とは?

面接官は申込者が社内で、他の社員と一緒に働くことが出来るか、一定のスキルが有るかなどを見極めようとします。

つまり、人物を見ます。基本的な社会マナーが有るか、ビジネスマナーを備えているかなどを見ます。

そして、「協調性がなさそう」「主張ばかりしそうだ」「おとなしすぎてなじめなさそう」など、コミュニケーションに不安を感じるため不採用にすることがほとんどです。

これらの、面接間の見るポイントを抑えることが採用を勝ち取るポイントになります。

転職エージェントを使いこなす

書類選考を無事通り、いざ面接に臨むときに心強い味方が転職サイトです。

色々な転職サイトがありますが、やはり安定感が有るのは転職のプロフェッショナルですね。

とらばーゆなら、女性の転職に特化した転職サイトですので、頼れます。

転職エージェントの国内ナンバー1とナンバー2のサイトに登録しておくと安心です。

どのエージェントも無料で利用できますので、なるべく多くの転職エージェントに登録をすることをお勧めします。

国内№1の転職エージェント

【リクルートエージェント】

国内№2の転職エージェント

doda(デューダ)登録公式サイト

女性なら、この3つの転職エージェントに登録することをお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました