よくわかる年金入門

よくわかる年金入門

最新版年金制度改正について

平成28年12月14日、第192回臨時国会において、「公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第114号)が成立しました(年金改革法)。 この法律は、少子高齢化が進む中で、公的年金制度のメリットをより多くの方が享受できるようにするとともに、制度の持続可能性を高め、将来世代の年金水準の確保を図ることによって、将来的にも安心な年金制度を構築するものです。
よくわかる年金入門

公的年金だけで大丈夫か

2019年は5年に一度の公的年金の財政検証が行われる年だ。その結果が注目されるが、それに加え、いわゆる「年金の2,000万円不足問題」もあり、年金改革が何かと話題になっている。2019年6月21日閣議決定の「経済財政運営と改革の基本方針2019」(骨太方針2019)にも「厚生年金の適用拡大」「年金の受給開始時期の柔軟化」「在職老齢年金制度の見直し」が盛り込まれた
よくわかる年金入門

老後の生活,年金について備えよう

以前の年金制度では、年金の受給開始年齢が60歳でしたが、将来的には65歳からの開始となり、実質5年間分の受取額が減額されてしまいました。 安心して老後を送るには無くてはならないのが年金です。 ここではいざ年金を受けるときまでに知っておいて欲しい基礎知識をご説明します。
よくわかる年金入門

年金についての基礎知識

皆さんは国が運営しているいわゆる「公的年金」と呼ばれるものにはどのような種類があるかご存知でしょうか? 公的年金には「国民年金」、「厚生年金」、「共済年金」という三つの年金制度があります。年金について、詳しく解説してます。
よくわかる年金入門

年金 いくらもらえる などについて解説

もうすぐ年金を受け取る人、まだまだ先の人、すでに受け取っている人、立場はそれぞれでも、皆さん年金についての関心はあると思います。 年金には、どんな種類があるの?受給額は?支給日は?自分は果たしていくらもらえるのだろう?自分が受け取れるまで年金制度は大丈夫なのだろうか?などと言った疑問や不安を少しでも減らせるよう、お役に立てるように年金についての基礎知識をご説明いたします
タイトルとURLをコピーしました