年金の最新情報や気になる受給額についても情報提供します

年金の最新情報や気になる受給額についても情報提供します 年金制度の最新情報

最新の年金制度をなるべく早く配信します。
日本の年金制度(にほんのねんきんせいど)は、基礎年金制度である国民年金、および所得比例年金である被用者年金(厚生年金)が存在し、国民皆年金が達成されている。どちらとも老齢給付、障害給付、遺族給付の機能を持つ。
歴史的経緯として、被用者年金が先に制度化されており、これは所得比例拠出型の社会保険である。保険料は事業主と折半して拠出し、保険者には政府管掌の厚生年金と共済組合管掌の共済年金が存在してきた。

年金制度の最新情報

厚生年金加入条件の変更、51人以上の企業が加入することに。

政府が検討する公的年金改革案の焦点だったパート労働者への厚生年金の適用拡大については、「従業員501人以上」としている企業規模要件を「51人以上」に引き下げる方向で最終調整に入る
よくわかる年金入門

60歳以上の年金を減らす在職老齢年金制度の見直しが大詰めらしいので検証してみた

就労し、一定以上の賃金を得ている60歳以上の厚生年金受給者を対象に、原則として、被保険者として保険料負担を求 めるとともに、年金支給を停止する仕組み。
よくわかる年金入門

年金手帳の廃止を検討 基礎年金番号のデータ化

厚生労働省は、現在公的年金の加入者全てに交付している「年金手帳」を廃止する方向で検討していることが29日、分かった。 手帳には記録管理のために一人一人に割り当てられる基礎年金番号が記載されているが保険料の納付記録や加入資格の管理は電子データ化が進み、役割が低下した。 厚生労働省は年金手帳よりも費用がかからない簡単な通知書などで代替する案を検討する。
年金制度の最新情報

在職老齢年金の最新情報。減額基準50万円台どうなる

厚生労働省は、「在職老齢年金制度」について、65歳以上の減額基準を現行の47万円から50万円台に引き上げる案の検討に入...
タイトルとURLをコピーしました