国民年金、厚生年金について詳しく解説してます。

国民年金、厚生年金について詳しく解説してます。 よくわかる年金入門

もうすぐ年金を受け取る人、まだまだ先の人、すでに受け取りが始まってる人、立場はそれぞれでも、皆さん年金についての関心はあると思います。
年金には、どんな種類があるの?受給額は?支給日は?自分は果たしていくらもらえるのだろう?自分が受け取れるまで年金制度は大丈夫なのだろうか?などと言った疑問や不安を少しでも減らせるよう、お役に立てるように年金についての基礎知識をご説明いたします。公的年金には「国民年金」、「厚生年金」、「共済年金」という三つの年金制度があります。
現在の年金制度は2階建ての制度になっていて、
国民年金と呼ばれる制度は、「20歳以上60歳未満の日本国内に住でいる人全員が加入」を義付けられています。この国民年金が1階部分に当たります。
そして、2階部分が、厚生年金や共済年金というものです。
これらは、国民年金に上乗せする年金なのです。
民間のサラリーマンであるならば、厚生年金に加入し、公務員ならば共済年金に加入します。
ですから、原則として2階部分の年金制度だけに加入することはなく、必ず1階と2階は一体となっています。

よくわかる年金入門

60歳以上の年金を減らす在職老齢年金制度の見直しが大詰めらしいので検証してみた

就労し、一定以上の賃金を得ている60歳以上の厚生年金受給者を対象に、原則として、被保険者として保険料負担を求 めるとともに、年金支給を停止する仕組み。
よくわかる年金入門

年金手帳の廃止を検討 基礎年金番号のデータ化

厚生労働省は、現在公的年金の加入者全てに交付している「年金手帳」を廃止する方向で検討していることが29日、分かった。 手帳には記録管理のために一人一人に割り当てられる基礎年金番号が記載されているが保険料の納付記録や加入資格の管理は電子データ化が進み、役割が低下した。 厚生労働省は年金手帳よりも費用がかからない簡単な通知書などで代替する案を検討する。
よくわかる年金入門

最新の年金制度改正について分かりやすく説明してます

平成28年12月14日、第192回臨時国会において、「公的年金制度の持続可能性の向上を図るための国民年金法等の一部を改正する法律」(平成28年法律第114号)が成立しました(年金改革法)。 この法律は、少子高齢化が進む中で、公的年金制度のメリットをより多くの方が享受できるようにするとともに、制度の持続可能性を高め、将来世代の年金水準の確保を図ることによって、将来的にも安心な年金制度を構築するものです。
よくわかる年金入門

公的年金とは別に自分で資産運用をして老後に備える必要がある

2019年は5年に一度の公的年金の財政検証が行われる年だ。その結果が注目されるが、それに加え、いわゆる「年金の2,000万円不足問題」もあり、年金改革が何かと話題になっている。2019年6月21日閣議決定の「経済財政運営と改革の基本方針2019」(骨太方針2019)にも「厚生年金の適用拡大」「年金の受給開始時期の柔軟化」「在職老齢年金制度の見直し」が盛り込まれた
よくわかる年金入門

老後の生活に必要な年金(厚生、国民)について基礎からわかる

以前の年金制度では、年金の受給開始年齢が60歳でしたが、将来的には65歳からの開始となり、実質5年間分の受取額が減額されてしまいました。 安心して老後を送るには無くてはならないのが年金です。 ここではいざ年金を受けるときまでに知っておいて欲しい基礎知識をご説明します。
よくわかる年金入門

年金についての基礎知識

皆さんは国が運営しているいわゆる「公的年金」と呼ばれるものにはどのような種類があるかご存知でしょうか? 公的年金には「国民年金」、「厚生年金」、「共済年金」という三つの年金制度があります。年金について、詳しく解説してます。
よくわかる年金入門

年金 いくらもらえる などについて解説

もうすぐ年金を受け取る人、まだまだ先の人、すでに受け取っている人、立場はそれぞれでも、皆さん年金についての関心はあると思います。 年金には、どんな種類があるの?受給額は?支給日は?自分は果たしていくらもらえるのだろう?自分が受け取れるまで年金制度は大丈夫なのだろうか?などと言った疑問や不安を少しでも減らせるよう、お役に立てるように年金についての基礎知識をご説明いたします
タイトルとURLをコピーしました