再就職に効果的な方法とは?企業研究、自己分析など詳しく解説

スポンサーリンク
 転職に興味のある人今すぐ見て
退職に関するマニュアル

自己分析について

ここでは、会社を退職して再就職活動をする前にぜひやっておきたい
自己分析について解説します。

退職をして、これから就職活動をしようと考えている方も、これから転職をしようと思っている方も、自分がこれからどういう方向に進みたいか迷っている場合には、まずしっかりと自己分析をすることをお勧めします。
1.自己分析のやり方< 自分は次にこういう仕事をしたい!と言うしっかりとした目標がある場合は別として、転職についていろいろ迷っている時は、自己分析することをお奨めします。
「これから自分は何を重要視して、どのような仕事をしたいのか」を自問自答して、自分の希望する方向性を明確にすることが重要です。

改めて自分自身のことを客観的に分析し、不明な点も含め整理してから、行動することが、再就職成功の近道にもなります。

2.自己分析を行う上でのチェックポイント

自己分析をする上で、コレだけは抑えておきたいと思うチェックポイントを書き出しましたので、自己分析をする際の参考にしてください。

①今までの仕事の経験、社会生活での成功、失敗、学んだことなどを前向きに整理する。

②転職する目標を明確にして、何をしたいのかどのような働き方をしたいのかなど、自分自身を客観的に分析する。

③自分の適性や長所、短所、アピールできる事柄などを考える。

④自己分析を行う上で、自分で判断できないことは、家族の方や、知人、友人先輩などに相談するのが良いでしょう。

転職サイトなどでもアドバイスしてくれるサイトもありますので、有効活用してみるのも一つの手ですね。

効果的な就職活動

就職、転職活動を進めていくときに重要な事は、「自分に合った仕事を、自分自身でどのように見つけていくか」ということです。

有効求人倍率が回復し始めたとはいえ、まだまだ厳しい雇用情勢のなかで、少しでも有益な仕事を見つけていくことは非常に難しいのも現実です。
そこで、職種、勤務地、給与、待遇、業種、勤務時間など、希望条件の中で、自分はこれだけは譲れないなどの中で優先順位を付け、どうしても譲れないことと、妥協できることを整理して、就職活動に望むことが、再就職成功の近道といえます。

あまりに自分の希望にこだわる余りせっかく決まりかけた会社を逃してしまい後悔することにもなりかねませんので、妥協する勇気を持ちましょう。

効果的な再就職活動をする上でのポイント

①再就職で譲れない条件を整理しておく
仕事の内容(職種)、会社の事業内容(業種)、勤務地、勤務時間、休日、賃金などです。

②自己分析にもとづいた求人情報を上手く収集する。
転職サイトやハローワークや新聞広告などの求人情報を最大限に活用して、これはと思う求人に対し積極的に応募することが重要です。

③企業研究や業界研究を充分に行う
自分が進みたい業界や希望する会社の概要を知ることはとても重要なことです。
採用する企業もまったく自分の会社のことを知らない人に対しては採用することを不安に感じます。と言うより採用しないでしょう。

企業研究や業界の研究については、今ではたいていの会社でホームページを公開していますので、必ず見るようにしましょう。
また、会社四季報や日経会社情報、会社概要(非上場版)などからも会社の詳細を知ることが出来ます。

※文中の一部はハローワークの冊子を参照してます

効果的な履歴書の書き方に続きます。

タイトルとURLをコピーしました